tanabata

夏のはじまりの予感、七夕飾り。


五節句の一つ、七夕。
天の川に隔てられた彦星と織姫が七月七日の夜、年に一度だけ会うという中国の伝説にちなむ年中行事です。
七夕飾りを見ると、もうすぐ夏がやって来るという気持ちにさせてくれます。
七夕を通して季節を感じることが出来るのも、先人達が年中行事を大切にし習慣になっていることの表れですね。

いま、ヤナ茶屋もがみの駐車場や店内には、産直四季の香の会員さんが作ってくれた立派な七夕飾りが風になびいています。
ゆらゆらと揺れる飾りは、この季節の心地よさを感じさせてくれています。
ドライブの休憩に是非御立ちより下さい。

8月頃まで飾っている予定です。